シリカ摂取におすすめのシリカ水ランキング

シリカ水とは?

シリカ水に含まれている「シリカ」は、別名「ケイ素」とも呼ばれている成分です。

シリカは食物にも多く含まれていて、身体の細胞を構成する成分、つまり骨や血管、毛髪、皮膚の元なんです。

また、細胞同士に働きかけて、コラーゲンの生成を促すという役割もあるんですよ。

『ケイ素』と聞くと、何か体に悪い響きに聞こえるかもしれませんが、厚生労働省が定める「食品衛生法」において「非常に安全性が高い27種類の栄養素の1種類」であると書いてあります。

その為、体への悪影響は全くありません。

シリカは、人が生まれた時には体内にたっぷり存在するのですが、残念ながら年齢ともに減少していくのです。

シリカの量の変化は20代がピークで40代になると生まれた時のおよそ半分になってしまうんです・・・。

そのために外から補う必要があります。

ちなみに成人の一日に必要なシリカ量は20~30mgと言われています。

「減るなら補給したい。しかも手軽にシリカを摂取したい!」

その声が増えてシリカが含まれたミネラルウォーター、「シリカ水」が注目を浴びることになりました。

シリカ水にはその名の通りシリカがたっぷり入っていて、飲むだけで美容や健康に優れた効果を発揮してくれるんです。

シリカ水の効果は?

じゃあ、シリカ水を取ることでどんな効果があるの?

ということで、ここでざっと紹介したいと思います。

先ほど言ったように、シリカには、細胞と細胞を集めて、細胞同士の柔軟性と弾力を持たせてくれる働きをもっているのです。

つまり、シリカ水を飲む事で、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の結びつきを強固にして、肌の潤いやハリを保つことが可能になります。

赤ちゃんのほっぺのようにやわらかくて、ぶるんとした状態にしてくれるってこと♪

最新の海外の美容では、コラーゲンではなく、このシリカを摂ることで、コラーゲンを生成するという方法がメジャーになってきているんです。

また、大きな特徴として、活性酸素の発生を抑える働きがある強い抗酸化作用をもっている事です。

そのため重大な酸化がおきても、それを抑えてくれる働きをもっているので、病気の予防や疲労回復に効果があります。

以上のことをまとめるとシリカによってもたらされる効果はざっとこのとおり。

  • 肌の調子が良くなる。
  • 髪につやがでる。
  • 爪が丈夫になる。
  • デトックス効果で体質改善
  • 脂肪燃焼によるダイエット効果
  • 血糖値の上昇を抑える働きがあり糖尿病の予防
  • アトピー
  • ワキガ・加齢臭等の体臭対策
  • 水虫・足の臭いの改善
  • 冷え性の改善
  • 高血圧の予防
  • コレステロール値の改善
  • ED(勃起不全)改善や、精力増強
  • 白髪改善

美容だけでなく健康の面もシリカ水はサポートしてくれるんです。ありがたい♪

シリカ水の副作用について

こんなにもありがたい効果があるなら、気になることは副作用ですよね。

先ほども言いましたが、シリカ水は副作用はほぼないと言えます。

シリカ(ケイ素)は食品衛生法第十一条第3項により「人の健康を損なうおそれのないことが明らかな食品」として厚生省によって認められています。

シリカ水は、市場に出回るまでに水質検査や放射線検査、機械検査、目視検査などが行われているので品質に関しては、ほぼ安全と言えます。

シリカ水は、発がん性や毒性が一切ないので安心してください。

ただ、飲み水がいつもと変わっただけで、腹痛を起こすなど胃腸が敏感な人は注意が必要です。

朝起きると顔がむくんだり、夕方になると象のように足がむくんでしまう方は、水分の取りすぎなので過度の摂取は控えましょう。

シリカ水はアトピー対策にいい?

「シリカ水はアトピーにいい」という声がネットでちらほら聞こえてくるのですが、実際はどうなのでしょうか。

最初に結論を言うと、

シリカ水でアトピー性皮膚炎が改善するというのは、本当とも嘘とも言えません。

というのも、そもそもアトピー性皮膚炎の原因が多様で複雑です。そのために何が原因でよくなったのか、悪くなったのかを特定することが難しいんです。

なので、シリカ水を飲んでアトピーの症状が改善する方もあれば、あまり症状に変化がないという方もいるでしょう。

でも理論上では良くなる可能性が高いです。

なぜなら、シリカの効果として、

  • デトックス効果
  • 保湿力アップ
  • 血流改善

というのがありますが、これらはアトピーを改善する効果があると言われています。

ちなみに、シリカを飲むことで、皮膚や肌をはじめとする毛髪や骨、内蔵、血管などの細胞レベルにまで活性化させ、今まで低下していた機能を取り戻す役割をしています。

つまり、バリア機能が回復し、乾燥肌を改善できるサポートをします。

シリカ水は、皮膚の中にあるコラーゲンの生成を促すことで、アトピー性皮膚炎が改善していくという仕組みです。

理論的にはシリカ水でアトピーに少しでも改善する可能性があると言えますが、改善しないのであれば、他に原因があるかもしれません。

シリカ水でダイエットできる?

シリカ水はダイエットできるのか?ということですが、できる可能性が高いです。

シリカの効果として

老廃物を体内から排出する「デトックスの効果」
腸内環境を整える「便秘解消」
効率よくエネルギーの循環や「脂肪燃焼効果」

というのがあるからです。

デトックス効果によって、体内の余分な老廃物を体外に排出してくれるので、血液内の脂肪を分解し排出もしてくれます。

また、この効果によって便秘も改善します。

さらに、血行が良くなることで代謝も促進されるので、無理な運動をすることなく自然とダイエット効果がでてきます。

普段ダイエットを試してもなかなか痩せないと感じている方は、セルライト内にいらない代謝物や有害物質が残っているので、いくら運動しても代謝を阻害していることが原因かもしれません。

「ダイエットしても痩せない。」と感じている方は、シリカ水ダイエットはいいですよ。

硬水と軟水について

ミネラルウォーターを見ると「硬度」や「軟度」という言葉があります。

これってどういう基準なのかというと、軟水と硬水の違いは、「硬度」の違いです。

硬度というのは、水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量のことを指していて、WHO(世界保健機関)が定める基準では【硬度120mg未満が軟水、120mg以上が硬水】とされています。

また、【中硬水】もあります。こちらは、中硬水とは、一般的な基準で101mg以上~300mg/l 未満、WHOの基準で60~120mg/l 未満までの水のことをいいます。ちょうど硬水と軟水の中間ですね。

ミネラル豊富な硬水

硬水はカルシウムやマグネシウムが豊富であり、私たちの体に不足しがちなミネラル分を効率的に摂取することが可能です。ミネラル補給を目的とするならば、硬水を選びましょう。一方で、風味は軟水より重く苦いのが特徴であり、軟水に慣れている人は飲みづらさを感じることがあります。

飲みやすい軟水

軟水は、カルシウムやマグネシウムなどの成分が少ないミネラルウォーターです。硬水が持つ重めの口当たりに対して、軟水はスッキリとまろやかな味わいになります。日本のミネラルウォーターはほぼ軟水であることから、日本人にとってはなじみ深い水といえるでしょう。

また軟水はクセがないことから、料理に使っても素材の味を引き出せるという魅力があります。特に、素材の味を大切にする日本料理には軟水がおすすめです。ただし、ミネラル分が少ないため、効率的なミネラル補給には向いていません。単純な水分補給のため、飲みやすい水が良いという場合は軟水がおすすめです。

いいとこどりの中硬水

軟水と硬水の中間に位置している中硬水は、特徴としても軟水と硬水の中間で、いわば「いいとこどりの」水です。中硬水は、ミネラル分も適度に含んでいますが、硬水ほど飲みにくいというわけではなく、軟水を飲む感覚でミネラル分の補給ができます。そのため、硬水は苦手という方もミネラル分を補給する際の飲み水として利用できます。料理に使うと風味がでます。 

2018年で一番おすすめは霧島天然水【のむシリカ】

2018年おすすめしたいのが、霧島天然水【のむシリカ】です。徹底した品質管理と成分の質の高さがトップレベルです。

人気のシリカ水を比較した結果、ランキング1位は霧島天然水【のむシリカ】です。

のむシリカは、シリカ含有量、値段、品質の高さなどのレベルが高いシリカウォーターです。

あなたの体に足りないものをぜひ簡単に補給したいなら、シリカ水を利用すると安全で便利ですね。

シリカ水を選ぶ際に参考にしてみてください。

霧島天然水【のむシリカ】の詳細をチェックする
12次へ »
2 / 2 ページ